外壁塗装工事・施工の流れ

「仕事は腕ではなくて心でするもの」

塗替え ここいろでは、創業以来の変わらぬ思いで、外壁塗装の基本に則った工程により、お客様への安心施工を心がけております。以下を施工工程をご覧になって、お客様自身の「塗り替えリフォーム物語」を思い描いて下さい!

①まずは、初回訪問(現地調査日)を一緒に決めましょう!

「はい。お電話ありがとうございます。塗替え ここいろでございます♪」

以下の「お見積ボタン」からお申込みいただくと、直接、日本で一番優しい親方(おそらく。笑)からご連絡をさせていただきます。はじめに現地調査を行うためにの日程調整をさせていただきます。その際にご状況や気になる点などご気軽にお伝え下さい。

②そして、『プロのお住まい診断』をしてもらいます。

この時には、しっかりと親方にご希望やご不安な点などをお話しくださいね。

長年の施工実績に基づく調査診断フォーマットに則った調査診断を行わせていただきます。また数年後に予測される劣化箇所などの状況についてもしっかりと調査させていただきます。

③あなたのお住まいにピッタリ合ったお見積プランを受け取ります。

ご希望に沿った適正価格のお見積なので、自然と夢が膨らみます。

調査診断の結果を「調査報告書」にまとめ、お客様のご希望に沿ったプランを提案させていただきます。「塗替え ここいろ」は塗装工事の専門店ですので、お見積りの内容、工事の作業工程、他社との違いなども、詳しく具体的にご説明させていただきますのでご安心下さい。

④そして、ご契約。めでとうございます!

ここから、新しい人生がスタートしますね。

ご不明な点を一つひとつ解消ができましたら、晴れて「ご契約!」まるで新しい出会いが始まる時のようにドキドキします。私たちもお客様のご期待を超えるサービスを提供できますよう、一生懸命頑張りますのでどうぞよろしくお願い申し上げます。

そして、『いよいよ感動の塗装工事が始まります!』
と言いたいところですが…

⑤事前お打ち合わせで『塗装デザイン』を決めましょう!

色の数だけ夢が広がりますね~!

具体的な色決めは色見本長からお選びいただきます。近くのお家を見て「あんな色がいい♪」といわれる方も多くいらっしゃいます。「塗替え ここいろ」のデザイン力でお客様の夢を広げ、ご満足のいただけるように、ご提案をさせていただきます。

⑥工事前の近隣ご挨拶をさせていただきます。

工事を始める前に、近隣の方に「塗替え ここいろ」よりご挨拶をさせていただきます。工事内容、工事期間などをお伝えし、ご迷惑のかからぬよう徹底的な配慮を心がけております。

⑦足場を架設します!

お隣さんとの狭い境目でも、このように上手に組み上げます。

お客様のお家のカタチに合わせて、足場を組ませていただきます。足場の高さなどにより作業性や効率も変わってきます。安全作業に努めます!

※ただし、一般の方が足場に登ってしまうと転落などの危険も伴いますので、施工期間中でも足場に登ったりしないでくださいね。また、子供さんたちが遊んで怪我をされたりすることにも気をつけてくださいね。

⑧高圧洗浄で長年の汚れを取り去ります!

「冬場は寒いですけど、お客様のために頑張っていますよ!」

仮設足場の設置が終わったら、次は高圧洗浄で建物を洗っていきます。長年のカビや苔なども洗い落とし塗装工程の下地処理を行っていきます。高圧洗浄だけでもお住いの外壁は見違えるほど綺麗になります!

⑨養生を行います。

「仕上がりの良し悪しは養生次第なんだよな」菅野教育長

養生(ようじょう)とは、サッシや窓、エアコンのパイプ、ガスメーターや水道管など、塗る必要が無い部分をビニールなどで覆う作業のことを言います。 ただ、養生と言っても奥が深く、開閉ができるドアには「開閉ドア養生」、夏場であれば、窓にそよ風を入れることができる「窓養生」や、雪国であれば「雪よけ養生」など、様々な技術がございます。 綺麗に仕上げるための大切な作業になります。

⑩シーリングを行います。

「雨水の侵入を防ぐための大切な工事デス」

シーリングとは、外壁材の窯業(ようぎょう)系サイディングボードのつなぎ目をしっかり塞ぐ目地材を注入していく工事のことを指します。
1)既存の古くなったシーリング材を外壁の溝からカッターで切り取り、取り外します。
2)余計な所を汚さぬよう溝の両脇をテープで養生をします。
3)シーリング材を専用注入ガンを用いて注入していきます。
5)表面を専用ヘラでならし、きれいに整えます。
6)手際よく養生テープを取り外していきます。

⑪鉄部をケレン・サビ止めを行います。

これは雨戸をケレンしている様子。

ケレンとは、鉄部の塗装面に付着している古い塗膜を剥がしたり、表面の凹凸を整える作業のことを言います。この作業を行うことで、塗料の密着性が高まり、鉄部の塗装がとても長持ちします。  一見何も変わらないように見えても、これを行うと行わないとでは、剥がれるまでに数年の違いが出てきます・・・。鉄部塗装において、この作業はとても大切となります。

⑫『下地調整』を行います。

モルタル壁の場合、このようなヒビ割れも補修してから塗装します。

外壁や屋根のヒビ割れ部分に対しては、状況に合わせてシーリング材やパテ材で補修をします。状況に合わせた補修材の選定も大切な内容のひとつです。 そして、一箇所残らずしっかりと補修していく事で塗装後の長持ちへと繋がります。

⑬『下塗り作業』を行います。

屋根の上はお客様からは見えないですから、このようにお写真に撮って、きちんとご報告いたしますね。

いよいよ塗装の開始です。基本に忠実な3度塗りをいたします。  

まずは下塗り。これは壁面と塗料をしっかりと付ける役割がある大切な工程です。壁面によって、それぞれに合った「下地強化材」を使用するのがポイントです。 例えば、長年の日差しで傷み、パリパリになったコロニアル屋根には、中までよく染み込んでいく浸透性のシーラーを。サイディングボード壁の場合にも、サイディング用の浸透型の下地強化剤を。  

また、モルタル壁の場合には、細かいヒビ割れを埋め、上塗り塗料の吸い込みを防ぎ、仕上がりをよくするために厚膜の下地強化剤を使用します。

※細かい点は専門家にお任せくださいませ。m( )m

⑭そして『中塗り作業』を行います。

職人さんたちも仕上げが楽しみなので、このあたりから徐々に笑みがこぼれてきますね。

いよいよここからは、お客様のご希望の色を塗っていきます。下塗りと上塗りの塗膜を作るとても重要な作業工程となります。

⑮いよいよ『上塗り(仕上げ塗り)作業』を行います。

そして最後の仕上げの上塗り。中塗りから上塗りへと新たな塗膜の形成により、今後のお住いの美観と保護に繋がります。

⑯付帯部(木部・鉄部)塗装を行います。

「完璧に仕上げるつもりで塗装する。うまいと思い込んで仕事をする」が仕事の鉄則。

外壁完了後、雨樋や雨戸など壁以外の木部や鉄部の付帯塗装を仕上げていきます。塗装部位によって、ローラーや刷毛を使い分け、丁寧に仕上げていきます。ここまで来ると、お客様のお家の塗装工事をしているというよりも、「自分の作品を仕上げた」という感覚に浸っているのが、塗装技術者の大半の気持ちなのです。

⑰仕上がりと工事完了の検査を行います。

工事の最終段階には、仕上がりをチェックします。 手直しすべき箇所が見つかればすべて手直しを行ない、再度、完了検査を行います。お客様にもご納得いただき完了となります。

⑱足場解体をします。

完了検査が終了するまで足場は解体しませんのでご安心ください。

工事完了検査を終えたら、仮設足場を解体していきます。足場解体日は、お披露目の日♪お客様も嬉しいでしょうが、私たちも嬉しい日です。

⑲完了報告。そして、お客様と一緒に喜びます!

人生最高の笑顔でパチリ!これは、かけがえの無い思い出ですね。

お客様の見えない所は写真にて報告をさせていただき、引き渡し工事完了となります。

いかがでしたでしょうか?十分にイメージできましたか?

次は、あなたがこの「感動の塗替えリフォーム物語」の主役になる番です。

今すぐお電話をする