鎌倉市 K様邸/               屋根葺き替え工事

屋根

↓施工前。雨漏りしているとのことでしたが、屋根材に大きなひび割れは見られませんでした。

↓屋根裏から確認したところ、随所で雨漏りが確認されました。屋根はコンパネ(野地板)という木の板の上に、ルーフィングという防水シートを敷くことで雨水の浸入を防いでいますが、新築時のビスの打ち方が影響したのか、ルーフィングが裂け、釘穴から水が侵入したようです。

↓既存の屋根材を撤去し、今回は、改質アスファルトルーフィングを全面に貼らせていただきました。

改質アスファルトルーフィングとは、通常のアスファルトルーフィングに、ポリマーや天然アスファルトなどを加えることで、より性能を向上させたアスファルトルーフィングです。

また、今回使用した片面粘着シートのものは、シート同士の重なり部分もしっかり密着させることが可能で、水密性を確保できます。

↓次に、屋根材を敷いていきます。

↓葺き替え後。雨漏りの心配がなくなりました!

塗替えをお考えの方は、ぜひ塗装職人専門店のここいろをお尋ねください。

今すぐお電話をする