横浜市 栄区 鍛冶ヶ谷 I様邸/             屋根・外壁 塗替え工事

屋根

↓施工前。色褪せ、コケが見られ、屋根材の防水効果が切れていることが予測されました。屋根は水分を含んだ状態になり、だんだんと屋根材が割れやすくなったり削れたりします。

↓まずは高圧洗浄

↓高圧洗浄後

↓屋根にひび割れがありました。パテで埋めて補修し、塗装へと続きます。

↓下塗り中

↓下塗り後

↓中塗り中

11

↓中塗り後

↓上塗り中

↓上塗り後。ツヤのある屋根のお目見えです!

小庇

↓下塗り中

↓上塗り中

↓上塗り後

雨樋

↓施工前

↓下塗り中

↓上塗り中

↓上塗り後

破風

外壁

↓施工前。汚れ、色褪せていました。

↓大き目のヒビもありました。

↓ヒビの他、穴も開いていました。

↓屋根と同じタイミングで高圧洗浄

↓その他も同様に

↓高圧洗浄後

↓まず、古くなった電気ボックスを取り外して、撤去しました。その後、下塗りから塗り進めました。

↓下塗り後

↓中塗り中

↓中塗り後

↓上塗り中

↓上塗り後

↓一部、塗膜の表面に、小さな穴がポツポツと開いていました。適切な手順で塗装をしなかった際に見られる現象です。適切な気温の下塗装を行わなかった、塗装面にゴミ等が付着したまま塗装したため穴があくスペースを作ってしまった、塗装面の凹凸や割れなどの下地処理をしっかりと行わなかった、乾燥が不十分だった、などの理由が考えられます。放置すると、塗膜面から水分が入り込むようになり、塗膜が剥がれてしまうこともあります。さらに進行すると、家の内部の腐食が始まり、最悪の場合、大掛かりな工事に発展する恐れもあります。丁寧な下地処理、塗装を行うことは勿論ですが、当社では、適度なスパンでの塗替えをお勧めしています。今回はパテで埋めて補修し、塗り重ねました。

軒天

↓下塗り中

↓上塗り後

コンクリート塀

↓施工前

↓高圧洗浄中

↓ヒビをパテで補修

↓下塗り中

↓下塗り後

↓中塗り中

↓中塗り後

↓上塗り中

↓上塗り後

その他付帯部

↓換気口

↓外灯

Before & After

↓施工前

↓施工後

塗替えをお考えの方は、ぜひ塗装職人専門店のここいろをお尋ねください。

今すぐお電話をする